“PEFCとの相互承認の実現SGECはなぜPEFCと相互承認したのですか?”

SGECは、2011年にはPEFCとの相互承認を目指して制度の見直しを行い、2014年7月にはPEFCに加盟、引き続き2015年3月には相互承認を申請して2016年6月3日付でPEFC総会において相互承認が認められ、国際認証制度として出発しました。

具体的なPEFCとの相互承認を実現した背景と目的は次の通り;

(1) 森林の役割がグローバル化する中で、森林の減少・劣化に起因する二酸化炭素の排出削減や森林の保全、持続可能な森林経営への取組が強く望まる一方、日本においては、森林資源は成熟期を迎えつつあり、今後、適切な森林の取り扱いを行い持続可能な経営を実現していくことが求められていた。

(2)市民・消費者からも、環境に配慮された製品やサービスを選択的に購入するグリーンコンシューマーとしての意識は高まってきており、環境に配慮した認証材を広く社会に普及・浸透されるように強く啓発し、市場(消費者)主導型のサプライチェーンのもとで、持続可能な森林経営の実現することが重要となって来ている。

(3)日本にあっては、森林資源の成熟期を迎える中、認証材市場の活性化を通じて木材の需要拡大を図り、国内林業、木材産業の振興を図ることが期待され、併せて、人口減少が社会問題化する中で今後の木材需要について強く懸念されており、国産材を国際商品としての価値を持つ認証木材・木製品として輸出することも視野に入れた活動の展開が期待される。

(4)一方、2020年に開催の東京オリンピック・パラリンピックの競技施設等の整備について、認証材の使用を進め、我が国の「木の文化」を継承しつつ、適正な森林の利用・保全を啓発する象徴的な事業として開催されることが強く期待された。

(5)世界の森林認証制度がFSCとPEFCとに二極化する中で、PEFCは各国の森林認証制度の独自性を尊重・認めつつ世界的な森林認証のネットワークの確立を目指した積極的な活動を展開している。SGECはPEFCとの相互承認の実現を通じて制度の国際化を図り、その社会的認知度を高めて普及・拡大を図るための基盤を確立するとともに、SGEC認証製品が国際認証商品としての地位を確保することを目指すこととした。

(6)PEFCとの相互承認の下でのSGEC国際認証制度認証制度の仕組は次のようになっている;